Top >  抜け毛の予防と対策 >  ブラッシングによる抜け毛予防

ブラッシングによる抜け毛予防

ブラッシングは間違えた方法で行うと、頭皮を傷付けてしまいます。
頭皮だけでなく、毛髪のキューティクルをも傷付けてしまいます。


正しくブラッシングをしてあげると頭皮が
程よく刺激を受け取ることとなり、
結果抜け毛の予防になります。


毛髪が少し濡れている状態
ブラッシングは、乾燥時に注意しながら行います。
毛髪が少し濡れている状態でしましょう。


逆に濡れ過ぎた状態ですると肝心の
キューティクルがはがれてしまうので、
十分に気をつける必要があります。

使用するヘアブラシの選び方
豚の毛、猪の毛など、摩擦が発生しにくい
素材のものを選ぶことをお薦めします。


ナイロン製、または金属製のヘアブラシでは、
頭皮、毛髪共々傷つけられる可能性があります。
また、ブラシの先がなるべく丸くなっていて、
目の大きさがあまり細か過ぎないものが良いです。

ブラッシングのやり方
力の入ったブラッシングをして、
頭皮をたっぷりと刺激したいとつい考えがちですが、
それではただ単に頭皮を傷つけてしまいます。


フケなどを落とそうとするために、
シャンプーの前のブラッシングをする方も同様です。
ブラッシングでは、頭皮へブラシの先端を
強く押し付けない
ようにします。

         

抜け毛の予防と対策

関連エントリー

ブラッシングによる抜け毛予防